p.009

キナレット・アマング・ザ・パイン

ヒットしない。架空?
Kinneretはイスラエルにある湖の名前。


インディアナ州フォートウェイン十八世紀(セッテチェント)イタリア・アンサンブル

セッテチェント=Settecento(伊語で十八世紀の意)


ヴィヴァルディのカズー協奏曲

カズーについては以下の動画参照。

↑最近のやつ。独奏。

↑1979年のやつ。こっちはオーケストラ(?)演奏。
wikiには"アメリカの小説家トマス・ピンチョンの作品には、正統的なものを茶化す意味合いでしばしばカズーが登場する(ヴィヴァルディが作曲したとされる幻の「カズー協奏曲」など。もちろんヴィヴァルディの時代のヨーロッパにカズーは存在しない)。"とあるがその通りのようだ。


サイエンティフィック・アメリカン

アメリカの一般的な科学雑誌。(公式サイト)


だけどいくら問い返してみても、トランプカードのような日々は(エディパ自身、真っ先に認めるだろう)どれも似たり寄ったり、というか、マジシャンのカードのようにさりげなくみな同じ方を向いていて、不揃いの一枚は訓練した眼にたちまち見抜かれてしまうという感じ。

「ハントリーとブリンクリー」のニュースショー

Huntley-Brinkley Report(en.Wikipediaリンク)
1956から1970までNBCで放送していた夜のニュース番組。



ここで、エディパは去年のある晩三時に、ピアスからかかってきた長距離電話のことを思い出す。その電話の中で、ピアスは以下の人物を名乗り"妙な声色"で話した。

  • トランシルヴェニア領事館の二等書記官
  • コミックな黒人調子
  • メキシコのパチューコ方言のならず者
  • ゲシュタポ警察
  • ラモント・クランストン: よくわかんないけどThe Shadowに出てくるキャラクターなのは確か
  • 最後の熱演(マーゴ君とかクワッケンブッス教授とかいうやつ): ???

この電話のことを思い出してからのエディパの推理: <シャドー>=遺言のこと?




/* メモ: エディパが、自分が遺言執行人だと知った日…ある夏の日 ピアスが亡くなったのは春 遺書には日付が一年前のものもあり、そこにもエディパの名前がある 去年のある晩、夜中の三時に、ピアスからの長距離電話があった */

Leave a Reply